バツイチシングルマザーと車内ハメ1万円 | ウラデジ割り切り

女体_車内12

今の時代珍しいことではありませんが、シングルマザーの女性がネットの出会いでも表れています。子どもの貧困も6人に1人とという恐ろしい事態になっています。いきつく場所は裏風俗のような体を売る商売です。援助交際(割り切り)です。実は最近仲良くなっていたデジカフェのシンママがいたのですが、その子が割り切りをしていると打ち明けてくれました。僕との関係はメル友ですが、「関係を維持つつちょっと助けることもできる」と提案すると、生活が厳しくて背に腹は代えられなかったのか、割り切りをしてくれることになりました。今回はそのレポートブログです。

相変わらずウラデジ・デジカフェの会員は優しいです。

割り切りからは足を洗ったシングルマザーの状況

デジカフェ_プロフ_バツイチ_シンママ

彼女は割り切りから足を洗っている状態でした。しかもウラデジでは一切アダルトな男性と出会っていないと言っていました。デジカフェを始めたのもつい1年前。一体彼女はどのようにしてシングルマザーになったのでしょうか。

シングルマザーのきっかけ

彼女はもともと東京で仕事をしていたようです。1年ほど付き合っていた彼氏がいました。そして、めでたく結婚。ですが彼の浮気が発覚。その時にはもう子供がいて0才の時だったらしいです。彼女は悩みに悩んだ結果、離婚を選びました。そこからは実家に帰り細々と暮らしているそうです。ご両親もまだ若いため、祖母に子供を預けたり、小さい子OKの保育所に預けながらパートをする日々。彼女は日々働いてました。

デジログでシンママ奮闘記を書いている

離せば色々ありますが、彼女はデジログ・ウラデジに赤裸々に日々の思いを書いていました。注目すべき点はウラデジも書いていたという事です。彼女は可愛かったこともあり、寄ってくる男性もいたり、昔の旦那の愚痴や仕事の愚痴・こんな「セックスは嫌」などアダルトなことも真剣に書いていました。だから僕が興味を持ちフレンド登録しておいたのもあります。非常にリアルな文章で読んでいて面白かったです。

1年間は割り切りをせずに頑張っている

そしてこのバツイチシングルマザーは旦那と別れてから「割り切り」を度々していたそうです。そのこともウラログに濁して書いてありました。可愛い顔立ちですので、出会い系サイトで募集すれば一発です。デジカフェを使ってなかった頃していたそうです。稼ぎなく貯金も無かったため、割り切りセックスに手を出したようです。デジカフェに登録してからはシンママブログとしてデジカフェ・ウラデジを利用して割り切りからは足を洗ったと言っていました。1年間は真面目に低賃金のパートで頑張っているようでした。

ですが、僕とライン(LINE)電話で話してる時に実は「最近金欠で全然余裕が無く、遊べてない…」という話をしていて、割り切りの話になり、今回の割り切りセックスが決まりました。都合上、彼女の持っていた車の中で割り切りセックスをすることになりました。

車内のハメセックス1万円

彼女自体は割り切りをガンガンしていた頃も車内セックスをしていたそうです。可愛い顔して言うことは結構キツイ女性でした。

近くのコンビニで待ち合わせ

待ち合わせはコンビニです。ローソンでした。車内エッチ(H)ですので集合場所は関係ありません。やや郊外でしたので、二人にとって都合が良く分かりやすい場所はコンビニになります。個人的にはコンビニは、車の人も広い駐車場であれば入りやすいし、待ってる側は漫画も立ち読みできるので(場所によりますが)、好きな待ち合わせスポットです。

車に乗り込む

彼女とはじつは初対面。もともと何か月も前からちょくちょくライン(ライン)や電話はしてましたが、お互い微妙な距離でしたので会うことはないと思ってました。ですが、会ってみれば電話の通りで気軽にしゃべる事ができました。2人ともデジカフェ・ウラデジに登録してるので共通の話題も多いです。何だかんだコンビニで飲み物を買ったあとは、近くの駐車場に止まって、ずっと車内でしゃべっていました。2時間くらいはしゃべっていたと思います。

立体駐車場の端

そして楽しい時間が終わりを迎え、とりあえず立体駐車場に向かいます。このときは大型デパートの立体駐車場でした。車はスカスカだったので一番目立たない端っこのスペースに車が止まります。

車内ハメセックススタート

彼女がやや気まずそうにしていました。それを察した僕は約束の条件金額を渡します。1万円です。車内ハメで1万は格安。お互い分かってはいたと思います。ですが、それが友情を壊さない金額と考えて、僕から提案しました。

やや義務のように彼女は「じゃぁお礼しなきゃね」と言います。今まで女友達のように話していたのに急に女性っぽく恥ずかしがっているのが可愛かったです。車内の後ろに2人で移動します。ガラスは後ろ側は全てスモークで暗がりの立体駐車場・しかも夕方ならまず中は見えません。車内で流れていたミスチルの曲何となく素敵な雰囲気にしてくれたような気がしました。確か「くるみ」という曲です。

車内ハメなんて僕は始めてでしたので彼女の車を汚さないように気を遣ってリードしてみました。彼女は最初は申し訳なさそうな表情をしていましたが、次第にリラックスしてくれて、しっかりと車内セックスを成功させることが出来ました。

まとめ:車内セックスは筋肉痛になりました

変な筋肉を使うので筋肉痛になります。万が一ウラデジの掲示板何かで車内ハメが実現できるようになったら、筋肉痛を覚悟してください。彼女とは未だに連絡をしたり電話をしたりしていますので、もしかしらまた援助することがあるかもしれません。この微妙な関係がいいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする