女子大生の恋愛相談日記を親身に聞いた結果 | ウラデジ割り切り

女_恋愛_外_フェンス

彼氏持ちの女性も内なる気持ちを誰かに相談したいと思うことは多いでしょう。男女問わずあるでしょう。その時に便利なのかこのような匿名のSNSの日記です。匿名の日記であれば誰かに話を聞いてもらうこともできますし、相談すればコメントをもらうこともできます。ストレスが溜まっている問題をかかえる女性はその共感者にとても好意をもつようになります。ウラデジでも彼氏の相談を親身に聞いてあげたら、予想外の展開になった女子大生のエロ体験談がありましたので紹介します。彼氏以外の男性の刺激を欲しがっている女性は意外と多いものです。ウラデジはまさに優良サイトでもマイナーで鬱憤のはけ口には丁度よい環境なのでしょう。(割り切りでも彼氏持ち女性はたくさんいますよ。)

彼氏持ちの女子大生の恋愛日記を発見

ウラデジ_日記_エロい

たまに僕が女ってこれだからコエーよ。と思うのですが、ウラデジの日記には彼氏持ちや旦那もちの女性の裏側が書かれていることが多いんです。それで彼氏のセックスの不満やら男女間の愚痴がつらつらとあります。僕も彼女いるときにはこんな風に思われていたのかな?と怖くなりました。

ですが視点を変えて、ここから何か発展する可能性もあると思うようになりました。

彼氏持ちなのに他の男と度々遊んでいる女子大生

そう思ったのは、彼氏が居るにも関わらずネットの男性や他の知り合いと結構遊んでいる女子大生を見つけたからです。「彼氏には内緒で遊んでいる~」という日記を見つけたら、もしかしたら自分にもワンチャンあるのかもしれないと思ってしまいますよね。僕はその他の男と遊んでる一人の女性に絞ってアタックするようになりました。定期的に更新される日記にコメントを最初にするようにしたんです。

コメントを返すと覚えてくれるようになった

するとその男遊びをする女性は僕の存在を徐々に覚えてくれるようになりました。彼女はコメントも返してくれましたし、お互いでフレンド登録もしました。ウラログ(日記)が彼氏とのトラブルで相談する内容でしたら、できるだけ彼女をフォローしたコメントをするようにしました。すると熱の入ったコメント返しをもらうこともありました。

自分の日記にもコメントをくれるようなる

僕がウラログ(日記)を更新すると彼女もコメントをくれるようになりました。僕の日記はほとんどエッチ(H)な話や割り切りの話しかしてませんでしたが、ちゃんとそんな内容にもコメントしてくれるということは彼女がエロに関してややゆるい考えを持っていることを意味していると僕は思いました。それに女子大生と仲良くするには少しチャラかったり軽い方がよいです。

LINE(ライン)交換

女子大生とLINE(ライン)交換することは簡単でした。彼女はコメントで大分、心を開いてくれているようでした。僕も女子大生の彼氏のイメージが沸くくらい相談に乗っていたので、ちょっとした絆すらある状態だったと思います。女子大生の恋愛相談は直接LINE(ライン)でもするようになり。僕と女子大生のラインはやたら長文の掛け合いになっていました。こんなことは割り切り女性に対してはまずしないことですが。ウラデジでやたら日記を書いていたことがこんな形で良い方向に転がるとは思っていませんでした。

電話もするようになる

やがてラインの電話で話すようにもなりました。女子大生はかなり毎日を忙しくしているようでしたので、ラインの文章より電話の方が早かったらしいです。僕も電話はすきでしたので、彼女の相談電話は積極的に受けるようになりました。深夜2時に連絡が来た時はさすがにお切れませんでしたが・・・。

唐突に電話すると会うことに

すると、お互いは一度も顔を合わせていない状態で仲だけ良いという関係の時に、会おうという話になりました。それも唐突に女子大生からの相談電話で、どうやら彼氏のトラブルでさみしいけど誰も会う人がいない!という状態だったらしいです。僕はもしかしたらセックスできるかもしれないと思い彼女の元に急ぎました。まるで恋する少年でした。

居酒屋で話を聞く

僕と女子大生は居酒屋で話を聞きました。彼女は頭は茶色でナチュラルメイクのふわっとした女の子らしいファッションの女性でした。度入りのカラコンを使ってるらしくとても目がパッチリしていました。僕はギャル系よりナチュラル系の方が好みでしたので嬉しい誤算でした。(この子の写真は見たことありましたが、プリクラで盛ってるギャルという風に見えていました。)

居酒屋では彼女の恋愛話をたくさん聞きました。彼女は泣き上戸なのかやたら涙を目に浮かべていました。僕の中で腹は決まっていましたので、次はバーに行き、最後にラブホだと思っていました。割り切りではこんな回りくどい事は絶対にしませんが、この子は特別でした。それまでウラログ(日記)のやりとりありましたので、その関係性を踏みにじることはしたくなかったんです。

バーに行こうとしたら

彼女は学校の授業の単位の話から女子友の話、そして恋愛の彼氏の話と色々していました。頃合を見て僕がバーに行こうと誘うと彼女は思ったより酔ってしまっていて、フラフラの状態になっていました。化粧と顔に出ない体質が相まって全く気づきませんでした。

しかしこれはチャンスです。僕は「じゃあ休めるとこ行こう」と行ってラブホテルに行きました。

ラブホテルで

ラブホテルでさすがに強姦などには絶対にしたくなかったので、それなりに酔を覚まさせました。水を飲ませ女子大生のをソファに座らせます。それからは彼女が頭を僕に任せてきたので、あとは流れるままにキスをして、そのままセックスに突入しました。いわゆるタダマンですが、僕はこの女子大生は後輩のような感覚で世話を焼きたくなるタイプだと思ってます。今でも相談に乗ることもよくありますが、セックスはそれきりでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする